マッサージ店とマッサージ器では金額は全然違う!

身体のケアをするとき、大きく2つのパターンに分かれると思います。1つはマッサージ店に行って施術してもらう方法、もう1つはマッサージ器を使ってセルフケアする方法。

 

どちらか自分の好きなやり方を選べばいいとは思いますが、実はこの2つのどちらかを選ぶことでこの先にかかる費用は全然違ってきます。

 

例えば、マッサージ店でケアしてもらう場合ですが、最近テレビ番組やCMでも見かけることが多くなった「りらくる」を例にしてみましょう。

 

>>りらくる公式サイトへ!

 

「りらくる」のもみほぐすコースを利用した場合、1番安い15分の施術でも税抜900円となっています。仮に週に2回通ったとした場合1,800円、月に10回通ったとしたら9,000円となりますよね。

 

年間にしたら10万円以上のランニングコストがかかることになります。これはかなりの金額ということが言えるでしょう。

 

マッサージ店のメリットは施術者の方とコミュニケーションがとれるくらいで、一時的には身体は軽くなったとしても、結局はその場限りで数日したらまた身体が不調していきます。

 

マッサージ店に一度行ったからといって、その気持ちよい状態がこの先ずっと続くということはないのですね。

 

一方のマッサージ器の金額に関してですが、このサイトで紹介しているグラネスファーストを例にしてみましょう。

 

グラネスファーストはクーポンを利用して注文した場合、金額は税抜14,800円となっています。初期費用に関してはマッサージ店に通うよりも高いですね。

 

けれども、一度購入してしまえばその先かかる金額は使用するときの電気代だけですし、その電気代も1ヶ月でわずか約4.2円しかかかりません。(消費電力30W、1kw/hあたり27円で計算で1日10分毎日使った場合)

 

つまりランニングコストはほとんどかからないという事が言えるのですね。

 

マッサージ器の場合、マッサージ店で施術してもらうのと比較すると効果がなかったり、ただの気休めにしか思っていない人もいますが、医療機器認証されているものであれば効果効能の表示が認められているので、資格を持っている施術者とほとんど変わらない性能もあります。

 

もっと言えば、マッサージ店に通う時間も労力もありませんし、当然予約なども必要ありません。

 

身体の不調は生きている限りずっと付き合っていかないといけないものだとするのなら、いかに効率よく、そして費用をかけないかということが大事になってきます。

 

だとするならマッサージ店に通うメリットはほとんどないと言ってもいいでしょう。

 

コミュニケーションが目的だったり、人に施術してもらった方が気分が良いというのならマッサージ店に通って施術してもらう方がいいとは思いますが、症状に悩んでいて痛みやコリを解消してほしいことが目的なら本格的なマッサージ器でも同じ効果が得られますから、こちらを選んだほうがいいですよ。

 

グラネスファーストは効果も評判も良いですし、何よりも金額をグッと抑えることができますから一度しっかりと比較検証してみてはいかがでしょうか。